キャッシュレスならこれがオススメ!SYRINX ”HITOE FOLD”レビュー

れーた
この記事ではMakuakeで大人気商品SYRINX社”HITOE FOLD”についてレビューをしています。

こんにちは、財布の小銭がストレスになるコガです。

皆さんキャッシュレス化は進んでいますか?僕はめっきりキャッシュレスのみの支払いになってしまい気がつけば財布にお札が入ってない事もしばしば。

そうなるとやっぱりキャッシュレスにより最適化された財布って何だろうという疑問にあたり”理想の財布”探しをやりがちです。

今回は個人的にとても気になっていたSYRINX社の小さな薄い財布”HITOE FOLD”を数日間使ってみたのでレビューしていこうと思います。

本製品のここが良い

  • 薄くて小さくてミニマルなデザイン
  • シンプルな革の形状で所有感がある
  • 紙幣が曲がらず綺麗に保てる

本製品のここが気になる

  • 小銭入れに慣れる必要がある
  • 小銭を取り出す際に適当にすると小銭が落下する可能性がある

メーカー正規品の購入はこちらからチェック

”HITOE FOLD”とは

HITOE FOLD”とはMakuakeにてクラウドファンディングにて支援を募った製品で国内記録達成をした大注目の財布です。わずか18日で1年分の生産量を完売したという未だかつてないくらい期待度の高い財布になります。技術の高い職人1つ1つ丁寧に制作される上質な財布になります。

”HITOE FOLD”の特徴

外観:レザーの質感がたまらない

今回レビューするのがNeroというブラックカラーです。

見た目だけでも革の質感が素晴らしいのが分かります、”HITOE FOLD”は高い技術力のある工房で丁寧に仕上げられており

Made in Tokyoの最高級の品質を意識した細部まで拘ったしっかりと工数をかけた素晴らしい品質の財布になります。

まずはパッケージです、シンプルでメーカーロゴのみ記載。しかし何故か高級感のあるパッケージで開封までワクワク感があるApple製品のようなパッケージです。

開封し、取り出すとこんな感じ。真四角の黒いレザーでこれは財布なのか?と疑問が湧いてくる程ミニマルなデザインです。

今回はブラックを頂いているので、しっとりとした大人な質感かつ高級感のあるレザーとなっています。本革のレザーって革の育成の楽しみの一つ”エイジングが楽しめないんじゃないか”と思っている方もいそうですが、実はそんな事はなくブラック特有のエイジングがあり、ちょっと違った経年変化を楽しむ事ができます。この辺はもう少し育ててみてレポートしていこうかと思います。また革の質感としてはしっとりとしており、より高級感のある革質となります。

構造は2つ折りのデザインですが、構造が特殊で左からお札の取り出し口真ん中が小銭入れ右がカード入れになります。

恐らく構造の中で気になるのは小銭入れだと思います。一つ一つしっかり見ていこうと思います。

まずは最大の特徴小銭入れから。この小銭入れは薄い系の財布が好きな人は一度は見た事あるようなデザインではないでしょうか。

こちらは小銭が15枚入る構造になっており、第一印象は使いづらそうという印象を持つ人が多いと思いますが、実際使ってみるとすぐ慣れます

この小銭入れだとどこにどの小銭があるかを一発で目視確認ができるので小銭を使いたい時にレジ前などで、もたつく事がなくなるんですよね、更に僕はキャッシュレスメインで生活しているので頻繁に使う事もないのでそんな小銭が溢れてしまう事もないです。

れーた
1回は使って欲しいです、このギミックは1度経験すると他に戻れない..

お札の取り出し口は、普通に取り出せます、2つ折りなのでお札を変に曲げる必要がないので嬉しいスムーズに取り出しできるので小銭入れ同様もたつく事もありません。

折りたたみ方は、カードに三角の部分を引っ掛けて使用します。

れーた
お札を3つ折りにするのは嫌なので、この2つ折りは嬉しいです

カードケースは6枚〜7枚程収納可能です、最初は少し革が硬いかもしれませんが馴染んでくれば柔らかくなります。

僕はこの中に6枚カードを入れていますが、厚みはこんな感じでそこまで厚みは感じないのでミニマルな印象を崩すことはないです。


全部収納した状態がこちらです、この状態でも特に野暮ったい印象はありません。やはり写真越しにも伝わる革質が素晴らしいですね、しっとりとした質感が高級感を一層伝えてくれています。

メーカー正規品の購入はこちらからチェック

使用感をレポート

今回1ヶ月近く使用してのレビューになりますが、”HITOE FOLD”を使い始めて困ったことは特になかったです。

むしろこの系統で財布で僕の周りに多いのはアブラサスの財布を使っている方は多いという事もあり、HITOE FOLD”はよく高級感があるねという声をいただく事が多いです。

以前使っていたアブラサスの薄い財布と”HITOE FOLD”を比較してみました。薄い財布の方はエンボス加工になっているため一概に比較する事は出来ませんが、並べてみると革の質感やミニマル度合いが全く違います。このあたりは、また別の記事でしっかりと比較してみようと思いますが質感・外観をとってみても”HITOE FOLD”がオススメです。

HITOE FOLD”は大人の本革財布を最大限演じてくれており、ポケットから取り出すとどこかのブランド財布よりも上質なモノを持っているような大満足の所有感に駆られます。

この”HITOE FOLD”は中身を無駄のない最小限に抑える事ができる為、キャッシュレスにしたいけど急には無理だなと思っている方には是非体験して欲しいです

総評:革の風合いを楽しみ・変化を見守りたい財布

今回は大人気の本革財布”HITOE FOLD”をレビューしてみました。

最近はこういったミニマルな財布というのは様々ありますが、”HITOE FOLD”に関しては革の質感や使い勝手・ミニマルなデザインという点ではずば抜けて満足感の高い製品だと思いました。

HITOE FOLD”を使う事でキャッシュレスに取り組む環境を自分からつくるという意味でも今回の製品はかなりお勧めできる製品です。またカラーリングも6色展開と色の選択肢も多いため色には拘りたい方にもオススメです。

この上質な革は使っているうちに質感等に変化が出るので、今後も継続的にしっかりレポートしていきますので気になる方は僕のTwitter(@kogalog_com)をフォローして頂けると嬉しいです。それでは!

れーた
現在予約注文中なので、気になる方は早めにチェックしましょう!

メーカー正規品の購入はこちらからチェック

ABOUTこの記事をかいた人

ガジェットとかモノが好きだけど ミニマルなモノが好き。 そしてミニマリスト思考の いわゆるシンプリストの類の人間です。 レビュー依頼など承ります。 問い合わせフォームから お気軽にお問い合わせください。